注意事項

病気・持病・急病・法定伝染病の場合

  • 当園は病児保育はしておりません。 お子さんの体調がすぐれない時(発熱37.5℃以上・嘔吐・下痢)はお休み下さい。
  • 投薬に関しては、医療行為に当たるため原則行いません。 医師の処方を受けた薬に限り、医師の指示の基づき行う事が出来ます。 (薬は、お薬票に記入し一回分毎に分けて名前記入にて直接保育士に渡して下さい)
  • 保育時間内で体調に変化があった場合、保護者又は、緊急連絡先に連絡します。 発熱37.5℃以上 繰り返しの嘔吐・下痢その他、保育士が必要と認めた場合。 ※小さいお子さんの場合、容態が急変する場合もありますので出来るだけ早めにお迎えに来て下さい。 (発熱が38.0℃を超える場合は、至急での対応をお願いします) 注:
    保護者又は緊急連絡先に園より連絡を致しますが、お迎えにあたっての最低必要時間以上の時間をようした場合、 お子さんの急変や時間経過が原因での死亡・後遺症・入院について責任の所在は全て保護者となり、園は一切の責任を負いませんので園の加入保険も適用されません。
    保護者又は緊急連絡先に連絡が取れなかった場合、お子さんの身体の安全を最優先させ、当園の判断にてしかるべき対処を行いますので、あらかじめご了承ねがいます。
  • 法定伝染病(学校保健法で定められている登園してはいけない病気)において、伝染病にかかった場合、または登園時に伝染病の疑いを保育士が確認した場合、お子さんをお預かりできません。 ※法定伝染病については回復後、医師の許可を得てから当園して下さい。
  • 当園では、フッ素物洗口を推奨してます。(週2回4歳児以上)保護者の承認に基づき実施してます。(園負担にて実施)
  • 入園時、ならし保育を徹底しています。事前に職場に意向を伝え、担任との打ち合わせにご協力ください。

<保健対応についての補足事項>

原因 対処
傷の手当 傷が出来た場合、早くきれいに治すために、傷口を水道水で洗ってから、清潔なビニール袋で覆います。(モイストヒーリング法)
嘔吐処理 嘔吐物で汚れた洋服は、洗って塩素系漂白剤に10分間浸してから、水洗いしてお渡しします。 ※ノロウィルスなど、感染力が強い病気が疑われる場合には、厚生労働省の指導により、園内の感染予防のために、洗わずにビニール袋に入れて渡しします。 ・希望される場合には、園で処分することも出来ますのでお申し出てください。
登園の目安 24時間以内に解熱剤を使ったり、24時間以内に38℃以上の熱が出ていた場合には、登園をお控えください。 (厚生労働省の指導により)

その他の注意事項

  • 入園時記入提出いただく、記載事項において、職場・電話番号・携帯番号・住所などの変更があった場合、速やかに連絡をお願いいします。 緊急の連絡時などに必要ですので、変更を届けていない状況で起きた事故・災害については当園では責任を負いません。
  • 園だより(月1回)・クラス便り(週1回)及び連絡用紙などに関しては必ず目を通して下さい。 又、提出物に関しては、速やかに戻すようにお願いいたいます。 お便りに目を通している事を前提にて様々な情報をご案内しながら取り組みますのでご了承下さい。(園内ホールにも掲示してます)
  • 事故・怪我に関しては、各職員全員で起こらない起こさないように日々目配りや指導を心がけております。 危険回避のため、大きな声で注意を促したり、言い聞かせでの指導も行っております。 ※損害賠償については、当園で加入している保険の範囲内でのみ対応します。 当園では保険の範囲を超える補償や責任は負いませんのでご了承下さい。

お問合せはこちらから

011-837-1525 メールでのお問合せ

東札幌かすたねっと保育園

〒003-0004 札幌市白石区東札幌4条4丁目6-16